最近話題のピープロテイン?!【ピープロテインの効果を徹底解説】

最近話題のピープロテイン?!【ピープロテインの効果を徹底解説】

こんにちは!Blendee編集部です。
今回は最近よく聞くピープロテインの効果について解説していきたいと思います!

突然ですが皆さん・・・

プロテインは飲んでいますか?
おそらくこのページにきていただいている方々は飲んでいるかと思います!

その中で、どんな種類のプロテインを飲んでいますか?
ホエイプロテインソイプロテイン?ほとんどの方々はこちらでしょう。

そんな中、今回はあまり聞いたことがないと思われるピープロテインの効果についてメリットデメリットを踏まえながら解説していきたいと思います!

そもそもピープロテインとは?

ピープロテイン

ピープロテインとはえんどう豆たんぱくを抽出したプロテインです。いわゆるグリーンピースですね!
えんどう豆は日本での生産量が少なく消費されてしまうため、海外、特にフランスやオーストラリアなどのえんどう豆たんぱくを使用しているところが多いです。
えんどう豆の中でもピープロテインに使用されているのは、イエローピーと呼ばれる種類になり、下の画像がそうですね!
見た目が大豆に少し似ていることが特徴に挙げられます!

yellow pea(イエローピー)

ピープロテインの特徴・メリットは?

次はピープロテインの特徴・メリットを解説していきます。

ピープロテインは他のプロテインに比べ、多くの特徴メリットを持っています。それらを紹介していきましょう。

1.環境に優しい!

最近は環境問題が昔に比べ深刻になってきています。地球温暖化、止まらない森林伐採など様々ですが、その一つの要因にが挙げられています。
のゲップにはメタンガスが含まれており、世界の温室効果ガスの約20%を締めるとも言われています。
さらに、は消費する水の量も多いですが、ピープロテインの場合、消費する水の量が動物性プロテインの約1/3000分のとも言われており、環境に優しいプロテインです。
温室効果ガスを抑制でき、消費する水の量も少ないのでまさに一石二鳥ですね!

2.アルギニンの含有量が豊富!

皆さんアルギニンはご存知でしょうか?聞いたことがある方は多いと思います。
筋肉や脳の疲労回復効果成長ホルモン分泌効果アンチエイジング効果免疫力向上効果血行促進効果などがあると言われています。
まさに、万能な成分です!このアルギニンホエイプロテイン2~3倍程度含まれているのがピープロテインなのです。

3.BCAAの摂取量が多い!

非必須アミノ酸であるBCAAが特に多く含まれているため BCAAの摂取量が多いのも特徴の一つです。BCAAとは非必須アミノ酸の中にあるバリンロイシンイソロイシンの名称のことです。
体内で生成されず、外からしか摂取できないため、サプリメントとしての重要度は高いです。
そのBCAAピープロテインには元から多く含まれているため、別でBCAAサプリメントなどを摂取する必要がありません。
ピープロテイン1つで済むのは嬉しいですね!

4.プロテインで唯一アレルギーがない!

ホエイプロテインだと乳糖アレルギーソイプロテインだと大豆アレルギーなどがあったため、プロテインを飲みたくても飲めない方がいました。
しかし、ピープロテインえんどう豆たんぱくを使用しているため、アレルギーがありません!アレルギーがあった方には画期的なプロテインです。
さらに、ベジタリアンビーガンの方も飲むことが可能なプロテインとして、世界中で話題になっています!

5.血糖値を下げるインスリンの働きが活発!

えんどう豆インスリンの働きにより血糖値を下げる効果があります。
今まで高血糖の方は食事からたんぱく質を摂ると血糖値が上がってしまい十分なたんぱく質を摂取することができませんでした。
糖尿病の方もそうです。
ピープロテインはしっかりたんぱく質を摂取しながら、血糖値が上がるのを防いでくれる効果があるのです!

6.アンモニアを解毒し、血行促進を促す!

一般的なホエイプロテインソイプロテイン筋肉損傷筋肉合成筋肉増加という流れで筋肉に変わっていきます。
ピープロテインはこれに加え、疲労物質分泌疲労物質解毒疲労回復という流れで、疲労物質であるアンモニアの解毒血行促進を促します。
通常はプロテインその他サプリメントを摂取してこのような効果が出ますが、ピープロテインの場合は1つで足りるのです!

ピープロテインのデメリットは?

次はピープロテインのデメリットを解説していきます。

ピープロテインは他のプロテインに比べ、デメリットは少ないです。それらを紹介していきましょう。

1.価格が高い!

ピープロテインで一番ネックなのが価格の高さ。
今やホエイプロテインは安いものだと1kg2000円代で売られており、コスパが高いのが特徴です。
しかし、ピープロテインの場合えんどう豆の原価が高いためどうしても値段が高くなってしまいます。
現状1kgで販売している製品は少なく、ほとんどの製品が200~600g程度の量で売っています。
そのため、毎日プロテインを摂取している方にとっては量が少なく、さらに、費用がかさみ、コスパが良いとは言えません。
パフォーマンスを上げたい1週間に短期集中で使用するのが良いでしょう!

2.味にクセがある!

プロテインで大事なのが味!ホエイプロテインの中にはジュースのように美味しいプロテインスムージーのようなプロテイン程よい甘みのプロテインなど様々な味付けがされています。
サラサラしていて飲みやすいホエイプロテインに比べると、ピープロテインは舌触りがザラザラしており、少しクセがあります。
味付けをしているものは特に気になりませんが、えんどう豆特有の匂いがするものもあり、好き嫌いがかなり分かれます。
もちろん美味しいものもありますが、割るものを工夫すると良いでしょう!

3.吸収速度が遅い!

ピープロテインの吸収速度はソイプロテインと同様に約3~4時間程度と言われています。
ホエイプロテインの吸収速度が1~2時間程度と言われているので、約2倍の時間をかけてゆっくり吸収されます。
吸収速度の速さを気にしている方にはとっては少しネックポイントかなと思われます。
ピープロテインはゆっくり吸収されるため、トレーニング前に飲むのがおすすめです!

いかがでしたでしょうか?!次世代プロテインの幕開けといったところですかね!
豆知識ですが、アメリカオーストラリアのスーパーマーケットでは、棚3列が全てピープロテインらしいです!日本にもそのような時代が来ることを楽しみにしておきましょう!

日本でもこれから先ピープロテインはどんどん増えていくと思います。
その際自分に合っているプロテインを見つけることができるといいですね!

ピープロテインおすすめランキングで1位に 輝いているANOMAプロテインはピープロテインの中でも特に飲みやすく、たんぱく質、BCAA、アルギニンの含有量が豊富です! 初心者でも比較的手が出しやすいので、皆さんも1度ピープロテインを試してみては?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です